今の自分を知る

4月29日(火)

『等身大の自分を正しく見つめる。』実祝プランニング語録

プロゴルファーの横峯さくらさんが、メンタルトレーナーの方と結婚された。

ゴルフに限らず、書道であるとか、華道、囲碁、その他どんな分野でも、

私たちの何気ない毎日の生活の中でさえ、

自分をしっかり知ることは大事なことである。

さて、横峯さくらさんは、ご主人から「OKラインを大事に認める」ことを

指導されたという。

過去の功績や成績の延長ではなく、今の自分をすべてOKと認めるということ。

それは、自分のできる部分だけではなく、

できないことや、力の及ばないことをも、自分の正しい実力として

認めるということだという。

「昔は~ができたのに、今は~しかできない。」ではなく

「昔は~ができたが、今は昔の~は得意でなくなったが、

 今は昔はできなかった~ができるようになった。」

人間の体力、気力は年齢とともに変化もする。

「今の自分を正しく知り、今の自分に正直に誠実に。」ということだとか。

『自分に誠実な人だけが、他人に対しても誠実になれる。(フロム)』

自慢も卑下も要らない。

今の自分を、長所も欠点もすべて自分が受け入れる~ここから

何をどうしたら良いのかが、見つかる。

怠けるということではなく、等身大の自分を知ることで

欠けも、自分に今できる最善の方法で補えるし、努力すべき方向も見えてくる。

肩の力を抜いて、謙遜な心は、自分の姿を正しく

見つめられるのかもしれない。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)