良いものを配れる人

4月24日(木)

『良いものを配れる人は幸い。』実祝プランニング語録

与える喜びを知っている人は本当に幸いだ。

お返しなど、最初から求めてもいない。

少しでも、人の力になれること、慰めや励ましになれることが、嬉しいのだ。

「あなたの良いものを、みんなに配っていきなさい。

 無条件にしたことは、あなたが生きているうちに

 あなたに返ってくるでしょう。(バレンタイン・デ・スーザ)」

一日一善という諺もある。

良い心で、良いことを行う、見返りなど求めずに。

今日、どんな良いことを行えるか?

そういうことを楽しみに出来る人は、本当に幸いだ。

行いとともに、そのなかに、祈りが大事だとも言われる。

「行いとともに祈りが必要です。

 祈りとともに行いが必要です。

 毎日絶えず祈ることによって、いつか力となります。

 祈ることによって、目先のもの、

 人々の悪意などにとらわれない生きかたが
 
 できるようになります。(バレンタイン・デ・スーザ)」

祈ることと良い行いは、人を堅固にし、優しさの幅を広げていくことに

つながっていくのだろう。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)