よきものを運べる人になりたい

4月22日(火)

『善きものを運べる人は幸いな人。』実祝プランニング語録

起きたこと、言われたことは変えられない。

特に私は、命の尊さを嗤う人が、本当に苦手である。

うちには、22グラム~38グラムまでの重さの、インコたちがいる。

小さな命であるが、私は大事に大事にしている。

動物であれ、人間であれ、命の尊さを嗤う人は、悲しい。

しかし、そういう悲しい人をどのように自分が捉えていくのかは、

自分自身にかかってくる。

怒りをもち続けるか、嫌な感情を持ち続けるか。

けれど怒りをもち続けていると、自分が

その嫌なことや怒りの支配下に置かれてしまう。

たとえ相手が200%悪いとしても・・・である。

大抵の場合、そういう相手は、逃げ、嘘をつき、上手くかわしていく。

人ときちんと向き合うことが出来ない人であることが多い。

だから、余計に腹も立つのだろう。

だけど、許していくということを祈るなら、

自分の内側が豊かになってくる。

修行を積む人々は、ご自分の内側との闘いをする。

怒りを運ぶ者になるのか、豊かな温情を運ぶ者になるのかは、

自分で選ぶしかないし、自分が選べる決定権を持つ。

「愛を運ぶ小さな天使に なりたくて

 今日も生きている私です。(セント・ロザリー)」

命を尊ばず嗤う人に対し、私は自分自身が、怒りを乗り越えて

「自分を鍛えてくれた。」と思うことにした。

残念なことを体験したからこそ、善きものを運ぶ者になりたいと

希望する。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)