試練の中の幸い、シャルル9世

4月17日(木)

『試練の中、幸いが充満する。』実祝プランニング語録

シャルル9世が側近からスズランを贈られたことから、

5月1日がミューゲ(スズラン)の日となったわけだが、一体いつ頃に贈られたのだろう?

シャルル9世は1550年6月27日生まれ。

小さな頃は病弱で結核も患ったらしい。

兄の急死によって、わずか10歳で王に即位した。

しかし、政治の実権は母后のカトリーヌ・ド・メディシスが握っていた。

政治と宗教の結びつきが強かった時代。

宗教改革者、ジョン・カルヴァンがフランスでも支持を増やしていた。

けれど、カトリック派からは、プロテスタントはユグノーと呼ばれていた。

1562年以後のフランスはカトリックとユグノーの宗教戦争が起き、不安定な時代。

そんな中、シャルル9世はプロテスタントのコリニー提督を尊敬し起用した。

1570年20歳の時には、神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の娘のエリザベートと結婚した。

結婚の2年後、1572年8月24日のサン・バルテミの大虐殺で、

尊敬し父とも慕うコリニー提督が暗殺されてしまう。

精神的に大きな打撃を受けたシャルル9世は、その2年後の1574年5月30日に

若くして死去してしまった。

波乱の多い、短い人生の中、10歳からあと1ヵ月ほどで24歳になる王としての期間のどこで

側近から、スズランを贈られたのだろう?

波乱、苦しみが大きかっただけに、幸いの訪れというスズランを贈られたことは、

心に深く幸いが充満したことだろう。

試練に遭うことは苦しいことであるが、反面幸いを深く感じられる時期なのかもしれない。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

幸せを贈るスズラン

次の記事

本当の宝