正直に

2月26日(水)

『正直に真面目に生きる素晴らしさ。』実祝プランニング語録

正直に真面目に事に取り組む人は素晴らしい。

そういう人に嘘をついてもわからないと思いなさんな。実は嘘は見えている。

そして、ついてはいけない嘘がある。

何かを教えるような人間が、真面目に事にあたってもいないのに、誤魔化すために、「ふり」をする。

他者にダメージを与えていることを指摘されながら、とぼける。または、無視する。

片方が真面目に取り組んでいるほど、真面目に取り組んだ方は、

嘘をつかれたことがわかると、ダメージが大きい。

それは、嘘をつかれることに加え、真面目に取り組む真剣さと純粋な心を踏みにじられるからだ。

しかし、嘘を平気でつくことが多い人は、無意識にそれらをしているので、

嘘をついた、とか、相手を軽んじた、とか、ご自分が悪いことをしたという意識が全くない。

だからやっかいなのだ。

そのような相手を信頼した自分が情けなくなる。

あまりの情けなさに体調を崩すことがある。

けれど悔しさは、天に任せよう・・・。

憎しみの想いは自分の良いものまで奪われ、自分も周囲も悲しむことにいずれなるからだ。

「人間いったん嘘つきだと思われたら最後、

 たとえ真剣な顔で真実を言っても、誰も信用しない。(アイソーポス・イソップ寓話)」

生まれてから、嘘をつかなかった人はいないかもしれない。

けれど、自己保身のための嘘は、厚意や思いやりさえ傷つけてしまう。

誰しも、完全ではないが、嘘をつく人は、「ごめんなさい」が中々言えない。

人の物を盗んでも、「ああ、ちょっと借りただけ。」とか言うらしい。

持ち主は、貸した覚えもなく、いつのまにか無くなっていたという状態。

「ありがとう・すみません・どうぞ」

この言葉の持つ真実を、いつも実行して生きていくことは本当の幸いにつながる。

正直に真面目に生きるほうが、私は素晴らしいと思う。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)