嬉しい朝の出来事

2月14日(金)

『小さな良い事は良い連鎖を生んでいく。』実祝プランニング語録

昨日の朝、嬉しい事があった。

朝、ゴミを出しにドアを開けると、丁度お隣の20代前半の男性も出勤するところだった。

彼はご家族と一緒におられるが、とてもおとなしいように見受けられる。

こちらが挨拶しても、会釈だけして直ぐに行ってしまうような方であった。

ところが昨日は、私の顔を見て、彼のほうから「おはようございます!」と挨拶をしてくれたのだ。

私も元気に挨拶を返したが。

こんな事は初めてである。

住んでいるマンションは、管理人さんが忙しい。

だから今、自発的に私が毎週定期的に、廊下や階段の掃除をさせて頂いている。

勿論、ボランティアである。

そういう現場を彼は見ていた。

また、さりげなく、お隣の方々には、思いやりという気持ちを示していた。

普段おとなしい、はにかみやさんとも見える彼が、自分から挨拶をしてくれたことは、

本当に嬉しい出来事だった。

地味なしかし、善意から出た事の積み重ねは、素敵な良いことを起こす原動力になる。

また、朝から気持ちの良い挨拶は、挨拶をしたお互いも、そしてその日一日、お互いが関わる人たちにも

良い「気」を運んでいくだろう。

小さな良いこと、人の為になることは、気づかないうちに、良い連鎖を生んでいく。

とても嬉しい挨拶だった。

Copyright2014実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

起きた事柄への責任

次の記事

感謝を忘れない