言葉を大事に

11月12日(火)

『言葉は魂が宿る。』実祝プランニング語録

最近、子ども達の言葉が乱れていると聞いた。

小さな子どもが、喧嘩をしたときに「おまえ、殺すぞ!」と言ったとか。

それを聞いたその子の父親が真っ青になって、子どもに「~君、その言葉の意味がわかっているのか?」と問いただした。

子どもは「殺す」という深い意味は全く理解していなかった。

テレビや何かで聞いた「言葉」を真似たという。

言葉は大事にしないといけない。

なぜなら、言葉は自分の耳にも入り、相手や周囲の耳にも入るからだ。

良い言葉にも良くない言葉にも魂が宿る。

もうお亡くなりになったが、漫才師の「夢路いとし、喜味こいし」さんたちは、漫才の中でも綺麗な言葉を心がけられた。

決して「俺」「お前」とは言わず「僕」「君」という言葉を使った。

何度も何度も、新聞・雑誌・テレビで、若い漫才師さんたちに向けて
「俺」「お前」ではなく「僕」「君」を使うように薦められていた。

メディアに出る以上は責任も伴うからだ。

言葉は人を和ませ、慰めもするし、心に傷を与える事もできる。

言葉を大事にする教育って必要ではないかな?と思う。

言葉もデザインの一種だよ。

Copyright2013実祝プランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

次の記事

言葉の理解