影が光に変えられる

7月23日(月)
『影と思える出来事が、光に変えられる。』実祝プランニング語録

真面目な人ほど、自分だけが助かったという出来事に直面すると、

自分を責めてしまう。

随分以前だが、カンザスシティのハイヤット・リージェンシー・ホテルで大惨事があった。

中庭を通っているコンクリート製の通路が崩れ落ちた。死者114人・負傷者は死者の数を上回る人数。

同じホテルにいて、その惨事を目の当たりにした女性がいた。

彼女は負傷者や、亡くなった遺族のためにずっと祈っていたという。

しかし、「自分は助かったのに、何も出来なかった」という罪悪感と無力感に襲われ、友人たちとも距離を置くようになってしまった。

生ける屍状態になったという。

なぜあれだけの人が亡くなったのに、自分は生きているんだ・・・そう考えると、心の傷は大きくなるばかりだった。

「もう、自分も人生に終止符を打とう。」と、睡眠薬を飲みだした。

睡眠薬の瓶が半分まで減ったとき、なぜか、「自分はどれだけ、愛されて今まで生きてきたのか?」という事がわかったという。

そして朦朧とした手で、カウンセラーに電話を入れた。

カウンセラーの機知により救急車が呼ばれた。

病院で治療を受けたが、3日も昏睡状態が続き、ついに生命維持装置を切る直前に家族が呼ばれた。

ところが、生命維持装置が切られる3時間前に、彼女は目を覚ます事ができた。

それからの彼女は、落ち込んでいる人や、自殺を考える人を本当に励ますことができるようになった。

1度死にかけた彼女だからこそ、伝わるものが大きいのだろう。

私も17年前被災した。

また2011年の東北地方大震災のあと、自分を責めている人も多いと聞く。

しかし、今日を生かされている事は、些細なことでも、あなたの使命が

素晴らしく咲くのだと思う。

copyright2012実祝プランニング

尼崎ベンチャービジネス研究会ホームページhttp://ama1975vb.com/

ホームページのトップに、メンバーによる励ましの小さなデザインポスターを掲載。7月に「NO.21太陽に向ってひまわり」
「NO.22よろこびかえるの暑中見舞い」
7月A[七夕」7月B「暑中お見舞い」
7月C「負けるな!中小企業!」を掲載。

17年前、被災した立場から創られています。

JPGでのアップのためブログでは、この画像になりますが、
デザイン 幸せカエルは、http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120526
デザイン お父さんありがとうは、http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120610
デザイン 雨の励まし 紫陽花はhttp://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120617
デザイン ジューンブライドは http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120623
デザイン イジメは痛いは http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20120706

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

悲しみと偕に生きる勇気

次の記事

経験は人を癒す薬となる