車の中で子育てをする鳥&クマを助けた一家

2020年 7月1日(水)

 

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。 現在は、コロナウィルスの支援が増えた。

 

「優しさには、勇気の力がともなう

 

コロナ関連の温かい支援が、増えている。

happy-ok3の、日記の記事は支援などの報告の下に。

 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

 

コロナウィルスの影響で、被災地のボランティア等が休止、復興支援が難しい。

 

【釜石の語り部、柴波二中で震災体験を遠隔授業】

 

●岩手県紫波町の紫波二中は25日、東日本大震災の復興教育の一環として

ビデオ通話による遠隔授業を行った。

 

震災伝承施設「いのちをつなぐ未来館」(釜石市)の職員で語り部の

菊池のどかさんが、3年生55人に被災時の様子や復興の過程を説明した。

 

画面を通して菊池さんの話を熱心に聞く生徒

(写真:河北新報様)

 

 

 

菊池さんは、釜石東中3年の時に被災し、隣接する鵜住居小の児童と一緒に

避難した経験を紹介。「津波が黒い壁となって押し寄せ、死にたくなくて

必死に逃げた。怖くて落ち着かなかった」と語った。

 

多くの児童生徒が助かった「釜石の出来事」についての質問には

「自分たちは今までの教えの通りに逃げた」と答え、伝承の大切さを伝えた。

 

 

【震災の身元不明者、9年3か月ぶりに判明、石巻の99歳女性】

 

●宮城県警は29日、東日本大震災の津波で流され、石巻市竹浜で見つかった遺体の

身元が、同市南浜町3丁目、無職阿部きうさん=当時(99)=と判明したと発表。

 

県警によると、遺体は2011年5月19日、阿部さん方から十数キロ離れた入り江の

がれきの中から見つかった。  

 

同地区の行方不明者の情報や、複数の親族のDNA鑑定、遺体の骨格を基に作った

似顔絵などを手掛かりに、身元を特定した。  

 

阿部きうさん(宮城県警提供)

 

(河北新報様)

 

 

阿部さんのおいの管野一之さんは県警を通じ「9年がたっても捜し続けてくださり

感謝。供養できることを大変嬉しく思う」と。

遺骨は7月2日、管野さんに引き渡される。  

 

県内で見つかった震災に伴う身元不明遺体は7体となった。県警は

(不明者に関する)情報が年々、減っている。もしかしたらと思ったら、

情報を寄せてほしい」と呼び掛けている。

 

 

【震災被災者、来年からの自己負担で通院できない、2割強】

 

●岩手県内の医師などでつくる県保険医協会が行った震災被災者の医療費免除に

ついてのアンケート結果によると、来年から自己負担となった場合、

「通院できない」と答えた人は初めて2割を超えた。  

 

 

 

 

 

(写真:岩手放送様)

29日、医療費負担の免除を求め県議会の関根敏伸議長に請願書を手渡した。

 

また、今年は新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少を理由に

医療費免除の継続を求める声も多い。

 

 

 

 

 

(写真:岩手放送様)

関根議長は「アンケート結果を重く受け止め、県議会でも議論していきたい」と。

 

 

【軽症患者の移送、タクシー会社が導入、福山市】

 

●新型コロナウイルスの流行第2波に備えて、広島・福山市のアサヒタクシーが、

患者を移送するための車を導入した。

 

患者のプライバシーを守るため、車の外観は公表されていない。6人乗りの乗用車を

改装して2列目の座席を撤去し、患者は3列目に座る。  

 

 

 

 

 

(写真:中國放送様)

感染防止のため前の座席と後ろの座席との間をビニールシートでしゃ断。

後ろの座席を陰圧状態にすることで、車内の空気が後ろから前に流れ込まないように。  

 

利用できるのは軽症の人に限られ、検査や転院の際の利用が想定。

原則、1時間の貸し切りで料金は1万600円。別途、消毒費用などが必要。   

 

 

(写真:中國放送様)

 

 

 

導入は県内のタクシー会社としては初「福山市や医療機関と連携して活用したい」と。

 

 

【風評被害の懸念がある中、患者受け入れたホテル、宮城】

 

●宮城県が6月まで、新型コロナウイルスの軽症者の療養先として借り上げていた

青葉区作並温泉の「La楽(ララ)リゾートホテルグリーングリーン」から先週、

最後の患者が退所し、その役目を終えた。「同じ県民として助けになりたい…」

 

ホテルは、4月中旬から新型コロナウイルスの感染者のうち、症状が軽い患者の

療養先として、県が1棟200室を借り上げていた。

 

県との契約が6月で終了、先週24日に最後の患者がホテルを出て、

29日、施設の消毒が行われた。

 

青葉区作並温泉 今年4月

「La楽リゾートホテルグリーングリーン」

(写真:仙台放送様)

 

 

施設名を非公表とする判断もありましたが、あえて公にすることを選んだ。

 

患者の受け入れ期間に、ホテルで勤務することを選んだのは「30人」。

従業員の意思を尊重した。 全てが初めての作業…。緊張の連続。

 

細かい作業手順を定め、不安を取り除くため、毎朝、従業員同士のミーティングを。

最終的に受け入れた患者数は、4月で延べ88人、5月で67人、6月で30人。

 

ホテルは7月末に営業を再開する予定。 感染症対策を徹底してきた

ホテルだからこそ、今後も安全を提供できると考えている。

 

 

【コロナで長期間家にいた幼児、心身で不調も】

 

●自粛の中、少人数の保育環境で過ごしたりした幼子の中には、精神面や体調面で

不調が出る場合もあるという。

 

 

(写真:福井新聞様)

 

 

 

 

 

必要以上に手洗いをしたがったり、扉のノブなど日ごろ使うものに触れるのを

ためらったりしたら、「手いつもきれいにしてるね、もう大丈夫」

「お母さんが家の中きれいにしてあるからね」と安心させて。

 

生活の変化に弱い子は、登園を嫌がることも。無理に引っ張っていくと拒絶反応が

強まるので、親子で登園後30分ほど一緒に過ごして心を慣らすとよい。

生活リズムの崩れは園に通ううちに直るケースが多い。

 

おねしょや、4、5歳でも1、2歳のころのような後追い(親にくっついていたがる、

服の裾を持つ)が見られる場合は、抱きしめたり、お風呂でゆっくりおしゃべり

したりしてスキンシップを増やして。怒ると逆効果。

 

新生活のストレスが怒りや悲しみに出る場合も。怒りの感情には、巻き込まれない

ように注意しつつ、子どもが落ち着くタイミングをうかがって気持ちを聞いてあげて。

 

普段より食べる量が少ない時は、朝ならゼリーや飲み物など、無理のない範囲で

食べられる物を与えて。体調不良は、原因が体にあるのか心にあるのか

分かりにくいので、ひとまず病院へ。

 

 

【ひとり暮らしの大学生に食料支援 狭山市】

 

●コロナの影響で、アルバイトが出来なくなり収入が減った1人暮らしの大学生を

支援しようと、狭山市社会福祉協議会が食材の支援を行っている。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ埼玉様)

「食の応援プロジェクト」市民から寄付された米や乾麺それに缶詰などのほか

寄付金で購入したレトルト食品などが。

 

また、地元のボランティアの人たちが書いた学生たちを応援する暖かい内容の

メッセージカードも同封されている。

 

 

(写真:テレビ埼玉様)

 

 

 

この「食の応援パック」は、(学生が)メールで申し込むことができる。

 

 

【途上国へマスク寄付・神戸国際支援機構がマスク募集】

 

●海外で児童養護施設を設置・運営する一般社団法人「神戸国際支縁機構」

(神戸市垂水区)が、アフリカやアジアの途上国の子どもたちに

日本の手作りマスクを届ける活動を展開している。

 

これまでにガーナ、タンザニア、コートジボワール、ネパール、インドネシアの

5カ国に計1600枚以上を発送。理事長を務める牧師の岩村義雄さん(71)は

「苦しい時だが、他者を顧みる日本人の隣人愛を示したい」と話している。

 

郵送で寄付されたマスクを手にする岩村義雄理事長

神戸市垂水区の神戸国際支縁機構で2020年5月13日午後

(写真:毎日新聞 中村清雅様撮影)

 

 

 

 

 

岩村さんは「新型コロナはいつ終息するか分からず、十分な医療体制のない国の

人々の不安は大きい。これからもマスクを送り続けたい」と話す。  

 

マスクの寄付は誰でも可能で、既製品や郵送代金の支援も受け付けている。

郵送先は神戸国際支縁機構 〒655―0049 神戸市垂水区狩口台5の1の101

問い合わせは同機構(078・782・9697)

 

 

【政府配布の布マスク・ホームレス支援団体へ】

 

●住所が前提となるとホームレスや、インターネットカフェで暮らす人が

こぼれてしまう。政府から送られてきた布マスク2枚を、使わないなら支援に。

 

マスクを送る際は包装された状態のまま、普通郵便で送る。
 

★「認定NPO 法人 Homedoor」宛て

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 へ。

 

そして、その他、支援物資として、助かる物のリストは、

 

◆使い捨てマスク  ◆手指の消毒ができる衛生用品

◆レンジであたためて食べられるレトルト食品  

◆カップ麺  ◆缶詰  ◆小包装のお菓子 ◆歯磨き粉

 

認定NPO 法人 Homedoor

〒531-0074 大阪市北区本庄東1-9-14 ☎電話 06-6147-7018

Mail      info@homedoor.org  HP:https://www.homedoor.org/

 

 

【地震】

 

yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

●6月30日06時41分頃 震度1  宮古島近海

●6月30日00時06分頃 震度2  根室半島南東沖

 

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

6月30日は 脳出血からの回復&大輪のヒマワリ・笑顔は薬で 愛と励ましを

 

 

 

 

 

笑顔と言葉を大切に。

 

       ★★★★★★★★★

 

優しさと勇気で命を守る。

 

札幌市に住む男性は愛車のフロントバンパーの辺りがおかしい…と異変を感じていた。

 

中がどうなっているのか調べようとした、その瞬間、飛び出してきたのは小型鳥。

 

 

 

 

 

 

男性は改めて鳥がいた場所にカメラを向けてみると、そこには木の枝のようなものが

びっしりと敷き詰められている。

 

そして、卵が…5つも‥‥。

 

 

 

 

 

(写真:テレビ朝日様)

車から飛び出してきた鳥は、車の中に巣を作り、卵を温めていたようだ。

 

専門家によると、この鳥は「ハクセキレイ」という野鳥で、建物の隙間や橋げたなど

人工的な環境に巣を作ることが多いという。

 

ハクセキレイ、体長約21センチ。

(写真:Wikipedia様)

 

 

 

車の中に巣作りをしたのは、野良猫などの天敵に襲われにくい安全な

環境だったからではないかと推測される。

 

               男性は

 

「いつの間に巣を作ったのだろう? びっくりしました。

 毎日通勤や買い物に、車を運転し、この巣を見つけた前の日も、

 家族で山の方までドライブに行っていたんですよ。

 

 子育てしているのなら、かわいそうで車をうごかせないですね。

 もう家族みたいな気持ちがしますね。

 見守っていきたいです。」

 

 

(写真:テレビ朝日様)

 

 

 

卵を温め、孵化(ふか)して、その後、巣立つまで約1カ月ほどかかる。

 

その間、男性は車を一切使わず、成長を見守っていきたいという。

 

車の中であれば、温かいし、雨もしのげる。

 

通勤や買い物に、車を利用されるのに、1ヶ月は動かさないと言われる。

車で移動する事が多いのに、不便を承知で、見守る決心をされた。

 

ハクセキレイは、男性が優しい人だと思ったからこそ、

沢山停まっている車の中から、この車を選んだのかもしれない。

 

           ★★★★★★★★★

 

CNNによると

トリシア・ハートさんと夫のブライアンさん、息子のブレイディさんは、6月28日に 

米国ウィスコンシン州のマーシュミラー湖へ釣りに出かけた。

 

その時に、プラスチック製のチーズボール容器に頭を突っ込んだ状態で

もがきながら泳ぐ、アメリカクロクマを発見した。     

 

「息も絶え絶えだった」そのクマに

 

トリシアさんは

「私たちが何とかしなければ、(クマは)岸にたどり着くことはできないと思った」

 

そこで一家はボートでクマの背後に回り、ブライアンさんが容器を引っ張った。

 

プラスチック製の容器に頭を突っ込んだ

状態で泳ぐクマ/Courtesy Tricia Hurt

 

 

 

 

いったんは手を放してしまったものの、クマの片耳が出たのを見て再び引き返し、

もう1度引っ張ると、容器が外れてクマは自由になり、岸に泳ぎ着くことができた。

 

この間、約5分間の出来事。

 

ハートさんは、

「かわいそうなクマを助けられて本当によかった。動物が苦しむ様子は見たくない」と。

 

この様子を湖岸で見守っていた人たちから、うわさが伝わり、リゾート内のバーでは、

トリシアさん一家の勇気ある行動の話でもちきりになった。

 

トリシアさんの一家が、このクマについて伝え聞いたところ、クマは3~4日前から

頭に容器をかぶった姿で出没していたという。

 

ウィスコンシン州天然資源局にも何度か通報があったものの、うっそうとした

森林に阻まれて、クマは発見できていなかったという。

 

優しいトリシアさん一家に出会って、クマは命が助けられた。

命を守る!命を助ける!そこには優しさと勇気があってこそ。

 

      

「優しさの力、勇気の力が

 正しく発揮されると

 命が守られ

 笑顔が増える

        (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        ★★★★★★★★★★

 

上記に記したが、宮城県の「La楽(ララ)リゾートホテルグリーングリーン」は

新型コロナウイルスの軽症者の療養先にと、手を挙げられた。

 

風評被害を恐れず、施設名を公開し、協力されてきた。

このホテルのお陰で、どれだけ多くの方が助かったか…。

 

北海道の男性も、車の中に巣を作り、卵を産んだ鳥と、卵の命を見守ると。

この男性のお陰で、5羽の新しい命が守られる。

 

トリシアさんは、クマを怖がらず、チーズボールの容器を取ってあげた。

トリシアさんのお陰で、クマの命は助けられた。

 

命を守り、助けるには、「優しさ」と「勇気」が必要だと教えられる。

 

コロナを治療する医療従事者や周囲を差別したり、排除したり、誹謗中傷したり

している人たちは、勇気という力を発揮されているだろうか?

 

学校でのイジメ、職場でのパワハラ、わざわざ困る事をしてくる

人たちは、勇気という力を発揮されているだろうか?

 

ポイ捨てを、平気でされる人たちは、勇気という力を発揮されているだろうか?

 

勇気が発揮される場所には、前向きな、善い挑戦(行為)が、なされていく。

 

優しさは、優柔不断とは異なり、勇気に裏打ちされたものだ。

 

ベートーヴェンは

【勇気は、汝(あなた)を正しい道に導く】と。

 

勇気は、誰しもが、与えらている力であるが、その素晴らしい勇気の力が

正しく発揮されていかないと、よろしくない事につながってしまう。

 

優しさの力、勇気の力が、正しく発揮されると、命が守られ、笑顔が増える。

 

笑顔が増えると、幸せが増える!

 

今日も医療従事者の方々、配送業者の方々が、守られますように!

 

(下記には、イジメ相談の機関・いのちの電話を載せているから、電話をして!)

 

優しさには、勇気がともなう

 

勇気は正しい道へと導く力。

 

今日も【勇気を持つhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

ボリュームのあるブログをお読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 7月1日がお誕生日の方おめでとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

「いのちの電話」(←クリックすると全国のいのちの電話が)

 

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

●NPO法人BOBDプロジェクト LINE@bondproject 月、水~土の午後4時~6時半

午後7時半~10時 10,20代の女性対象。

 

#学校ムリでもここあるよ

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

コメント欄にお名前を記して頂けると嬉しいです。

お手数をおかけしますが   https://happy-ok3.com/

読者登録のボタン?ですが、更新のお知らせ機能はないとの事です。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

 

昨日はこちらは、雨でした。

気温も少しさがり、一昨日が暑かったので、うちの弱い鳥たちには、気を遣います。

家で飼われている鳥たちは、野鳥のように強くありません。

 

でも、出会って、今日もお互い、命が守られ、笑顔を見せられる事は

お互いにとって幸せ!です。

 

皆様、今日もお身体、大事になさってくださいね。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

 

 

happy-ok3の日記 - にほんブログ村

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

車の中で子育てをする鳥&クマを助けた一家” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうもたくさんのいろんな記事を
    いっしょうけんめいにかいてくださって
    ほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    >【震災の身元不明者、9年3か月ぶりに判明、石巻の99歳女性】

    ほんとうによかったです。
    ほかにことばがみつからないのです。

    >【コロナで長期間家にいた幼児、心身で不調も】

    こどもさんたちは周りのことに敏感です。
    こどもさんたちがあんしんしてくらせますように。

    きょうのハクセキレイさんのおはなしも
    とってもよかったです(#^.^#)。
    だんだん野鳥さんたちがあんしんして巣作りできる
    ばしょもすくなくなってきているのかもしれないなぁって
    おもいました。
    やさしい人の車のなかでほんとうによかったです(#^.^#)。
    ほんと、きっとやさしい人だってわかっていたのですね(#^.^#)。
    みんなぶじに孵っておおきくなりますように(#^.^#)。

    アメリカクロクマさんをたすけたトリシアさん一家のおはなしも
    とってもよかったです(#^.^#)。
    アメリカクロクマさん、たべるものがなくて
    チーズボールの容器におかおをつこんでしまったのですね。
    ごみのすてかたも気をつけないといけないなぁって
    あらためてかんじました。
    やさしいトリシアさん一家にであってほんとうによかったです(#^.^#)。

    >優しさには、勇気がともなう。

    きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます(#^.^#)。
    いつもちゃんとコメントできずにごめんなさい。

    鳥さんたちはhappyさんにであって
    ほんとうにしあわせです(#^.^#)。
    晴さん、誉さん、たつきさん、よしきさん
    きょうもかわいいえがおとすがたを
    ほんとうにありがとう! (#^.^#)。
    いつもげんきをもらっています(#^.^#)。
    しあわせなきもちになります(#^.^#)。
    みんなげんきでいてくださいね(#^.^#)。

    きょうは晴れそうですね。
    happyさん、くれぐれも
    おからだにきをつけて、元気でいてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ さま、おはようございます。いつも感謝します。

      9年3か月ぶりに、身元が分かって、お身内の方々はどんなにか、安心され嬉しいことでしょうか。
      良かったです!

      コロナの事から、小さな子どもさんが、不安になる事が多いです。
      みんな守られますように。

      ハクセキレイが車の中で、営巣を。(#^.^#)

      >「だんだん野鳥さんたちがあんしんして巣作りできるばしょもすくなくなってきているのかもしれないなぁっておもいました。」そうだと思います。

      こんな優しい男性の車の中で、子育てできるとは、幸せですね。

      >「アメリカクロクマさん、たべるものがなくてチーズボールの容器におかおをつこんでしまったのですね。」

      私もそうだと思います。
      でも、プラゴミを捨ててはいけないですね。

      トリシアさんに助けられなかったら、危なかったでしょうね。

      今日も鳥たちのこと、ありがとうございます。

      伝えますね!

      今日は、晴れています。
      地面はぬれていますが・・・。

      スフレ様に、素敵な1日になりますように。
      いつも本当に有難うございます。

  2. byronko より:

    ハクセキレイが車の中に巣を作ったのには、驚きました。
    車の持ち主の方がヒナが孵るまで(ヒナが巣から飛び立つまで?)運転しないと決めたのは、素敵です。
    不便だと思いますが、心に余裕がありますね。

    熊がプラスチック容器をかぶっていたニュースを読んで、やっぱりプラスチックの処分は気をつけなくちゃなぁと思いました。
    そもそもプラスチックがあまり出ないように努力したいものです。

    1. happy-ok3 より:

      byronko さま、こんにちは。

      >「車の持ち主の方がヒナが孵るまで(ヒナが巣から飛び立つまで?)運転しないと決めたのは、素敵です。」

      すごい事ですね。中々出来る事ではないです。

      >「やっぱりプラスチックの処分は気をつけなくちゃなぁと思いました。」
      マナーを守らない人の行動で、多くの生物が困っています。

      日本では、今日からレジ袋が有料になりましたが、ゴミの捨て方を守らない人が多いから、こうなってしまうのですね。

      ずっと、マイバッグを使っています。

      地球を、生き物を、守っていくこと、大切にさせて頂きたいです・・・。

      いつも本当に有難うございます。

  3. MT より:

    happy-ok3様、こんばんは!いつもたくさんの記事、感謝します。

    La楽(ララ)リゾートホテルグリーングリーン、本当に立派です。
    コロナ感染で積極的に前線に立ってくれた病院やホテルが、風評被害で経営悪化したり差別にあったりといった目に遭うというのは間違っていると強く思いますが、残念ながらあるようですね・・・。
    負けないで頑張ってほしいですし、我々も感謝と敬意を忘れないようにと思います。

    ハクセキレイ、とても綺麗な鳥ですが、なかなか大胆な行動で驚きます。
    おっしゃるように、「この人の車なら大丈夫」という勘が働いたのかもしれません^^
    実際、そっと見守ってくれる人でしたから、人を見る目があったのですね。

    アメリカシロクマ、どれぐらいの大きさなのか知らないですが、普通は恐ろしくて手が出ないでしょう。
    もし暴れてこっちがけがをしたら、と思わずにはいられない気がします。
    それでも「何とかしなければ」という気持ちが勝ったというのはすごいです。

    いいことをするというのも、危険を伴う時があってそんな時に勇気が問われるのですね。
    いつどんなことに出くわすか、その時勇気が出せるかは、自信はないですが・・・。

    今日もありがとうございました^^また暑くなりました、今年は一層落ち着かないですが、どうぞご無事で。それでは、また。

    1. happy-ok3 より:

      MT さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「コロナ感染で積極的に前線に立ってくれた病院やホテルが、風評被害で経営悪化したり差別にあったりといった目に遭うというのは間違っていると強く思います」

      仰る通りです。そう言う場を提供して下さるからこそ、多くの方が助かります。

      感謝と敬意を持ちたいです。

      >「おっしゃるように、「この人の車なら大丈夫」という勘が働いたのかもしれません」

      獣医さんがおっしゃるには、鳥は分かるようです。
      鳥は警戒心が強いのですから・・・。

      >「それでも「何とかしなければ」という気持ちが勝ったというのはすごいです。」

      愛に根ざした勇気ですよね。中々、出来ないと思います・・・。

      でも、クマは、恩を感じていると思います。

      梅雨の中休みだそうです。
      お身体大事になさってくださいね。

      いつも本当に有難うございます。

  4. りくぼー より:

    こんばんは。

    鳥の巣のエピソードは驚きですね。鳥のフンは車の塗装には悪影響らしいので、うれしいような悲しいような・・感じですよね。
    僕も今は通勤で車を使っている身で、車は車庫の中に入れているので大丈夫だとは思いますが・・。
    鳥も色々なことを考えるんですね・・!

    1. happy-ok3 より:

      りくぼーさま、こんばんは。いつも感謝します。

      この鳥が、巣を作っている場は、塗装は関係ない場所なので大丈夫かと思います。
      5羽の雛が孵って、育ちますように!(#^.^#)

      今、車で通勤なのですね。(#^.^#)

      鳥たちも、生きるために、一生懸命ですね。

      お身体、大事になさって下さいね。

      いつも本当に有難うございます。

  5. ちかすぃ より:

    happyさんこんばんは!
    ハクセキレイさんに、助けられたクマさんのお話とても良かったです。
    車を動かさないであげよう、という思いやりの気持ちが素敵ですね。
    ”家族みたいな気持ちだから”というコメントが温かいです。
    みんな助け合うこと、大事ですね。
    ハクセキレイさんの卵も、無事大きく成長しますように^^
    心温まるお話、ありがとうございます!

    1. happy-ok3 より:

      ちかすぃさま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「車を動かさないであげよう、という思いやりの気持ちが素敵ですね。」
      優しい方なのでしょうね。
      もう、ハクセキレイは、この方の家族なのですね。(#^.^#)

      無事に孵って、巣立ちができますように!

      クマさんも、助けられて良かったです。

      いつも本当に有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。