被災地の報告~被曝・長崎の永井医師


2019年 8月10日(土)

地震・豪雨・台風、その他の災害の復興を心からお見舞い申し上げ、お祈りします。

関心を持ち続け、支援をと願います。

 

「平和を作る人は幸せ。」

 

日々変化する、復興の事を少し報告。

happy-ok3の、日記の記事は被災地の報告の下に。

 

【西日本豪雨 2018】

 

●神戸を本拠地とする女子サッカーチーム「INAC神戸」の選手らが9日、

小学生を対象にしたサッカー教室を開いた。

 

 

(写真:読売新聞様)

 

 

 

阪神淡路大震災を経験した神戸の地で、被災地の小学生を支援しようという試み。

東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県塩釜市と西日本豪雨の被災地・

岡山県倉敷市真備町の子どもたち約30人が参加した。

 

 

●長崎市が被爆から74年を迎えた9日、水島緑地福田公園(倉敷市福田町古新田)で、

倉敷市民らが「平和の鐘」を打ち鳴らし、恒久平和への誓いを新たにした。

 

(写真:山陽新聞様)

 

 

 

 

●災害でローンの返済が難しくなった人のため、

破産せずに債務を減免できる制度の「ガイドライン」もある。

問い合わせは岡山弁護士会(086・223・4401)

 

 

【北海道地震】

 

●外出もままならない住民の方々の不安が日に日に高まっている。

札幌市南区の住宅でクマの出没が相次いでいる問題。9日朝も目撃情報が。

 

住宅街に現れたのは4日連続。

 

 

(写真:北海道ニュース様)

 

 

 

南区簾舞と藤野地区を中心に目撃情報が相次ぐ。 6日には9時間にわたり居続けた。

その場所から約1キロ程直線で離れた場所で9日朝、目撃情報があった。

 

クマが出没した地域の住民の中には電気柵を取り付ける人も。

「これで安心できるので良かった。クマが出た年は、こっちもすぐ

準備ができないので(市での無料貸し出しは)ありがたい」

 

 

厚真町へのふるさと納税←こちらから確認を。

電話でも確認を 0145-27-2481(総務課:財政グループ)

北海道庁への災害見舞金の寄附について ←こちらから

 

●酪農家への義援金

口座名義:中酪胆振地震他災害酪農義援金

金融機関:農林中央金庫本店

口座番号:普通 7509890

 

 

【東日本大震災 2011】

 

●国土交通省東北地方整備局は8日、相馬市と福島市を結ぶ東北中央自動車道

「相馬福島道路」(延長45.7キロ)を2020年度末までに全線開通すると発表。

 

相馬-相馬山上インターチェンジ(IC)間6キロを2019年度から2019年内、

国道4号IC(仮称)-桑折JCT間2キロを2020年度から2020年夏ごろまでと、

それぞれ開通予定を前倒しした。

 

(写真:福島民報様)

 

 

 

 

 

東北中央自動車道は相馬市と秋田県横手市を結び、総延長は約268キロ。

このうち、2020年度末までに8割の開通が見込まれる。

東根北IC(山形県東根市)以北の四区間計42キロで開通予定が未定。

 

 

●東京電力福島第二原発の廃炉決定を受けて内堀雅雄知事と松本幸英楢葉町長、

宮本皓一富岡町長は八日、世耕弘成経済産業相に対し、段階的に打ち切られる

電源立地地域対策交付金に代わる両町への財政措置を要望した。

 

世耕氏は地域経済への影響を緩和する必要性に理解を示し「非常に重要な課題だ。

福島の置かれた状況やこれまでの経緯を含め検討し、財政当局とも

しっかり調整する」と代替財源の確保に前向きな姿勢を示した。(福島民報様)

 

 

●東日本大震災の津波で大きな被害に遭った福島県いわき市で9日、防潮堤などを

活用したサイクリングロード「いわき七浜海道」の一部供用開始を

記念する式典が行われた。

 

福島県いわき市のサイクリングロード

「いわき七浜海道」の一部供用開始を記念する

式典のイベントで走行する参加者=9日午前

(写真:共同通信様)

 

 

同市によると、震災後に復旧事業で建設された防潮堤を利用した

サイクリングロードは東北の被災地では初という。

 

震災前の7割程度まで落ち込んだ観光客数の回復や、市民の健康増進が目的。

 

 

●福島県内の小学2年生から中学3年生の児童生徒数は1年前の学年時を計35人上回り、

7年連続で増加した。

 

 

(写真:福島民報様)

 

 

 

 

県教委は「除染や避難指示の解除が進み、県内で生活する安心感が

広がってきているのでは」と分析し、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後

県外に避難していた児童・生徒が県内に戻っているのを増加要因ととらえている。

 

 

【熊本地震】

 

●今春、益城中(熊本県益城町)を最後に定年退職した元教諭の山口文徳さん(61)

が熊本地震の復興支援ソングを作り、普及に努めている。

 

 

亡き妻への思いも重ね、「つらい経験を乗り越えて前を向いてほしい」と

被災者にエールを送る内容だ。

曲作りのきっかけは、在職中に益城中の生徒らが完成させた復興祈念のモニュメント。

 

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

モニュメントは生徒が思い思いに絵を描いた円形の鉄板約700枚などで構成。

 

“鉄の花”のような作品を見た山口さんは「鉄のように強く、負けない思いを

歌にしよう」と言葉を紡いだ。思い浮かべたのは、地震後に助け合いながら

苦難を乗り越える被災地の住民らの姿だった。

 

 

●熊本地震で被災した南阿蘇村の東海大阿蘇キャンパスで実習する東海大生に、

「復興弁当」を提供している同村の女性グループ「すがるの里」が、被災地の

視察団体向けに新たなメニューを考案した。

 

 

 

(写真:熊本日日新聞様)

 

 

 

 

 

調理室のある旧長陽西部小で提供し、メンバーたちの被災体験を伝えて交流する。

 

 

【長崎原爆投下 1945・8】

 

●国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(長崎市)が手がける「執筆補助」。

自ら手記の筆を執ることが難しい高齢の被爆者から、職員が証言を聞き取って

手記に仕立てる。

 

祈念館は、国が集めたものを中心に約6万5千人分の被爆体験記(手記)を

保管する。うち328点は、祈念館が独自に集めた。執筆補助は

その収集作業の一環だ。

 

 

(写真:朝日新聞様)

 

 

 

 

祈念館は4月、被爆者健康手帳を持つ長崎市内の約2万7千人に、

手記の提供を手紙で呼びかけた。

 

手紙の中で、希望する人には職員による執筆補助があることも紹介した。

反響は予想を超えた。

 

昨年度末までの15年間で執筆補助の申し込みは19件だったが、

4カ月でその4倍の77人からの依頼が届いた。

 

 

●福島県いわき市は、震災の年から長崎に中学生の派遣を続ける。

被爆地にふさわしい被災地支援を、という長崎市の招待をきっかけに始まった。

 

被爆者の体験を聞き、中学生らと交流する。

参加者の一人は「平和の尊さ、普通の暮らしの大切さが分かった」と振り返る。

 

今年は、30人が五日から訪問し、9日に市内の中学校での集会に臨む。

(福島民報様)

 

 

【地震】

 yoshihide-sugiura様が、地震の事は、詳しく書かれている。

「yoshihide-sugiura様からは、現在、関東は不安定であり、特に家具の

 転倒防止を行う、転倒する側にベッドを置かない、等お願いしています」と。

 

 ●8月9日23時20分頃 震度1 日向灘

 ●8月9日17時15分頃 震度2 山梨県東部富士五湖

 ●8月9日15時40分頃 震度1 茨城県沖

 ●8月9日14時30分頃 震度1 熊本県熊本地方 

 ●8月9日06時48分頃 震度1 富士県東部

 ●8月8日03時57分頃 震度1 宮古島北西沖

 

※下記の災害ボランティア情報で、ボランティアの確認を。

今、日本での災害で苦しんでいる方々がいる。

関心を持ち続けていただけたら、幸いだ。

(私は阪神・淡路大震災で被災したので、他人事とは思えない)

↓被災体験の悲しみは消えることはない。

被災地の報告~悲しみを乗り越える感謝 ←こちらから

 

8月9日は 被災地の報告~奇跡のあじさいと交流 で熊本と福島の交流を

 

 

 

 

 

分かち合う中に、豊かさがある。

私は、戦争を知らない世代である。

昨日、8月9日は、長崎に原爆が投下された日。

 

悲しく、そして、使命に生きた「医師」たちの事を、お伝えしたい。

 

9日、長崎市は、原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて、平和祈念式典を行った。

 

1923年(大正12年)4月に設立された、旧制長崎医科大学は、

原爆に被災した世界唯一の医科大学でもある。

 

戦争のさなかでは、医科大学は、負傷した人たちを救護する役割を持っていたし、

期待されていた。

 

ところが、原爆は爆心地の長崎市内の松山町から、600~800メートルの位置に

あった長崎医科大学を、直撃してしまう。

 

医科大学は、基礎教室・臨床教室(附属医院)・附属医専・附属薬専・

東亜風土病研究所・看護婦寄宿舎など全ての校舎・施設が一瞬のうちに倒壊・炎上…。

 

講義や診察中であった教官・学生・看護婦・事務職員ら合計896名が犠牲となった。

 

その他、入院中の患者・外来に治療に来ていた多くの人の命も、奪われたが、

200名余りとも言われるものの、数は、はっきり把握出来かねているという。

 

この時の長崎医科大学の角尾晋学長は、東京に出張し、その帰りの8月7日に

広島を歩いて、6日の広島への原爆投下の惨状を目の当たりにした。

 

8日に長崎医科大学で、広島の惨状の報告をして、

9日は内科病棟で診察していた。

 

その時に!!!!

 

爆心地方面に近い病棟の北側の窓から爆風の直撃を受けて重傷を負う。

角尾晋学長は、13日後の8月22日に、避難先の防空壕で亡くなってしまう。

 

その他、多くの優秀な医師たちが亡くなった…。

 

        しかし

 

放射線科の永井隆助教授は、ご自分も右側頭動脈切断という重傷を負いながら

布を頭に巻くだけで、救護活動にあたった。

 

そんな中、永井医師は、8月12日以降に「救護班」を組織して

傷ついた市民に対する医療活動を進め、治療にあたっていく。

 

永井医師は6月には被曝による白血病と診断され、余命3年の宣告を受けてしまうが、

9月20日、一時、意識不明になるまで、活動を続けられた

 

活動は、永井助教授によって『原子爆弾救護報告書』にまとめられ、

長崎医科大学に提出された。

 

報告書は、被爆直後の実態や初期の医療活動を知るための貴重な資料となっている。

 

永井医師は翌年、1946年1月に、長崎医科大学教授に就任した。

けれど、7月には 長崎駅近くで倒れ、その後は病床に伏すこととなってしまう。

 

永井医師の働きは、素晴らしく1948年10月18日、来日中のヘレン・ケラーが

見舞いに訪れたり、1949年の12月3日には、長崎市名誉市民の称号を受けている。

 

永井医師は、1951年2月には白血球数が39万を超えて危険な状態となったが

 

自分が、死ぬ前に医学生たちに、白血病の最終段階を見せて学ばせ、

病気への知識を深めるのに役立てたいという希望をもっていたため、

5月1日に、長崎大学付属病院に緊急入院した。

 

その日の夜に、天に召されたが、翌日5月2日には、遺体解剖が行われた。

 

永井医師は、キリスト者であったため、5月3日に浦上天主堂で

司教の司式による死者ミサが捧げられた。

 

また、長崎市は長崎市として公葬を行うことを決め、5月14日 9時から

浦上天主堂で市公葬が執り行われて2万人が参列したという。

 

永井医師が、病床でつづった随筆をもとに、古関裕而氏の作曲の有名な歌謡曲

「長崎の鐘」が生まれた。

 

永井医師の座右の銘は※「如己愛人[にょこあいじん](己のごとく人を愛せよ)」

この精神は、戦後、医大を継承した長崎大医学部に受け継がれている。

 

永井医師(1908年~1951年)は、1934年6月に、キリスト者になった。

浦上天主堂近くの森山家に下宿し、森山家の先祖は隠れキリシタンの指導的な立場の人だった。

永井医師は、後に森山家の一人娘の、緑さんと結婚した。

 

永井医師が素晴らしいというのは、上辺のキリスト者ではなく、真髄に誠実に

行動をし、ご自分を捧げて生きた、人としての姿が、素晴らしいのである。

 

 

「平和を作り守るために

 私は今日 何が出来るか

 上辺だけではなく

 真剣な行動が

 本当の平和をもたらす

     (by happy-ok3)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被曝して、大きな怪我を負いつつ、人々の治療や救護にあたる事は、

中々出来ない事だと思う。

 

けれど、放射線医学を専攻していたからこそ、その恐ろしさを誰よりも知り、

人々を何とか助けようと、全力であたった。

 

長崎市として公葬がされ、それも、キリスト教の聖堂である浦上天主堂で行われた

という事は、永井医師としての、医師としての功績だけでなく、信仰も含めた

全てを認め、尊び、偲んだからこそだと思うし、これこそが偉業では?

 

※「如己愛人[にょこあいじん](己のごとく人を愛せよ)」はBibleの言葉で、

有名なモーゼの十戒の中で、最後に締めくくられている、重要な言葉である。

 

モーゼの十戒の中に、Bibleが要約されていると言っても過言ではない。

 

十戒は、盗むなとか、偽証をするなとか、殺すなとか中傷するな、など等。

私たちが、誰に向かってしてはいけないのか?というと「隣人」だと。

 

「隣人」とは、ヘブル語では、自分の周囲にいる人達をさす。

広い意味では、同じ国の中にいる人達、近所の人、友、

顔は見えなくとも、ネットでつながっている人達のこともでは?

 

その人たちを、大切に思うなら、盗みも、イジメも、侵害や利用、誹謗中傷も、

妬みも、利用も、ストーカーも、暴力もパワハラもセクハラも、しないはずでは?

 

なぜなら、自分がその事をされて、幸せで嬉しい思いはしないのだから。

 

最近は大人だけでなく、小中学生がネットやスマホから、誹謗中傷や事実でない嘘、

悪意のある事を、平気でする人が増えたと、統計が出て、理由が悲しすぎる。

 

「自分たちが中傷したことで、他人がひどい目にあえば、嬉しく達成感を感じる」と。

 

その人たちに

「関係もなく、顔も知らないのに、ひどい事をして、何の目的や恨みですか?」

そう聞いても

関係なくても、みんなで叩いてイジメ、面白いから自分も加わった」

「努力していたりする、その人が困ると気持ちよかった」と言うらしい。

 

大人も子どもも、隠れて行っているネット上の善くない事が、今、多くで伝染して

関係の無い人が、刺されたりする事件に発展しているのでは?

 

長崎市は平和教育に力を入れている。

8月9日を「ながさき平和の日」とし、小中学校の登校日にした。

 

そして、学校ごとに平和集会を開き、小中学生たちが、平和な社会を作り守るため、

自分たちは何ができるかを考え、発信するという。

この小中学生たちに倣わないと!

 

 

日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズが

作詞:作曲した貴重な「平和への祈り」の歌。心が洗われる。永井医師に私は献げたい。

滋賀県立水口高校吹奏楽部による讃美歌・平和への祈り(ヴォーリズ作)

 

もちろん、イジメ等からは、避難したらいいが、渡辺和子氏が言われるように

「ひどい事をした人の不幸を願わないことです」

 

イジメや利用や悪意などがある場にいると、自分の心が平安に、なっていかない。

昨日の宝の原に、避難(引っ越し)して、平安を保ち、善を行いながら生きる場所に!

 

憎しみと喜びは、同居できないから、今日の自分の心を平和にし、

感謝を沢山、数えて、自分が善い喜びを持ち、幸せでいよう。

 

 

平和のために、今日の時間を使える人は幸せ!

 

人のために尽くせる力は、尊い。

 

偉業とは、自分をささげる仕事。

 

今日も【平和を求めるhappyな1日に。

 

いつも、皆様の励ましに、心から感謝いたします。

 

今日も、被災地の方々が守られる事を、祈りつつ。

支援と祈りを献げる者で、ありたい。

 

被災された方々に応援の心と支援を!

どうか、心と魂に癒しの力が、届けられますように!

 

イジメや虐待、DVなどで、追い詰められるなら、避難して

別の道・方法を探して、どうか命を大切に新しい、しあわせな道へ。

 

被災地の報告が加わって、長いブログになっているが

お読み下さり、コメントを下さって心から感謝いたします。

毎日変わる被災地情報、コツコツ書いていますが頑張っている被災地の方々のこと、覚えたいです。

 

皆様の今日の1日の時間が、素晴らしい時間である事をお祈りしています。

 

今日という日は、あなたに新しいラッキーな1日だから!

今日のラッキーを探そう←こちらから

 

あなたというかけがえのない存在が、あなただけの素晴らしい光を

今日も輝かせて欲しいと祈ります!

 

★下記に、ボランティア情報、赤十字社、トラブル回避を。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

       お誕生日

今日 8月10日がお誕生日の方でとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい贈りものだと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

北海道ボランティア募集 ←こちらから

災害ボランティア情報 平成30年7月豪雨←こちらから 

●日本赤十字社 義援金募集 ←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イジメ相談

【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS 電話 0120-916-024

「東北いじめ総合支援センター」電話相談 080‐3320‐8844

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル  0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン 0120-99-7777=月~土曜日の午後4~9時(18歳まで)

●子どもの人権110番 0120-007-110=平日午前8時半~午後5時15分

通信制の高校ナビ ←こちらから

(全国の通信制高校もここから探せる)

一人で悩まず相談を。←こちらから

 

全国から高校中退者や発達障害の子どもたちを

受け入れている 北星余市高校 ←こちらから

 

大切なあなたが今日も 幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      過労死110番

各地の110番の電話番号は「過労死110番全国ネットワーク」←こちらから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここからは、鳥たちの事に。(#^.^#)

それから、☆も、読者登録機能というものも、ないようです。ごめんなさい。

コメント欄にお名前が出ない事がございます、お名前を記して頂けると嬉しいです。

 

下のブログ村の「ぽちっ」をお願いできたら幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様から励まして頂き、心から感謝します。

わっと様から教えて頂いたのですが、

きーちゃんという21歳の女性が、

持って生まれた「ファンコニー貧血」という難病から

白血病を克服し、合併症による癌を乗り越え、

メイクアップアーティストを目指していた

元の生活に戻れるように本当に頑張っています。

一口、1000円、ご協力お願いできたら幸いです。

保険適応外の治療を行うための資金です。

見えない力に導かれ

                  口座名:キーチャンオウエンカイ※

  • 三菱UFJ銀行 越谷支店(381)

普通:0418941

  • ゆうちょ銀行 記号:10370

番号:89869341(ゆうちょから振り込み)

  • ゆうちょ銀行 (他の金融機関から)

〇三八支店(038)普通:8986934

わっと様から

きーちゃんの応援ライヴ

8月3日(土)8月12日(月)8月14日(水)8月23日(金)

問い合わせ:越谷ABBEY ROAD

電話:048-964-6664

http://abyroad.jp/

 

 

被災地の報告は、正直、私にとっては、簡単な事ではありません。

でも、どこも復興は半ばです。覚えて応援させて頂ければと願います。

何年経っても、悲しみは消える事がありません。

戦争も原爆も、その悲しみは今も残っています。

 

今日が、平安な1日でありますように。

 

えがお~。

 

 

 

 

 

 

 

えがお~。

 

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

なかよし~。

 

 

 

 

 

みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!

 

いつも、皆様からの励ましを心から感謝します。

命の歌(歌詞つき)素晴らしい歌!↓

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように! GO!

Copyright2018実祝プランニング

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ

被災地の報告~被曝・長崎の永井医師” に対して1件のコメントがあります。

  1. スフレ より:

    おはようございます、happyさん。
    スフレです。

    きょうの永井さんのおはなし
    ほんとうにこころをうたれました。
    ごじぶんも重症を負われ、
    惨劇のなかにあってもやさしさを失わずに
    みなさんを助けられたのですね。

    >永井医師の座右の銘は※「如己愛人[にょこあいじん](己のごとく人を愛せよ)」

    そして渡辺和子さんの

    >「ひどい事をした人の不幸を願わないことです」

    ひどい事をした人も隣人なのですから(#^.^#)。

    >被災地の報告は、正直、私にとっては、簡単な事ではありません。
    でも、どこも復興は半ばです。覚えて応援させて頂ければと願います。
    何年経っても、悲しみは消える事がありません。
    戦争も原爆も、その悲しみは今も残っています。

    happyさんはほんとうに偉いなぁといつもおもっています。
    だから被災地の報告をよませてもらっていても
    なんにもできていないわたしにはなんにもいえないのです。
    これからは言葉をつつしんでいようとおもいます(#^.^#)。
    ごめんなさい。
    どうかおからだだけは気をつけて下さいね。

    きょうもほんとうにありがとうございます(#^.^#)。

    晴れちゃん、誉くん、たつきくん、よしきくん、
    きょうもえがおをほんとうにありがとう! (#^.^#)
    みんなげんきでいてください。

    くれぐれもおからだにきをつけてくださいね。
    いい一日になりますように(#^.^#)/

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「ごじぶんも重症を負われ、惨劇のなかにあってもやさしさを失わずにみなさんを助けられたのですね。」
      30代後半(38歳)から、病床に伏されましたが、最後はご自身の身体を解剖する事で、
      役立てて欲しいとは・・・。

      中々出来ないです。

      「被災地の報告は、正直、私にとっては、簡単な事ではありません。」
      続けていくのは、被災地が増えて行くので。

      でも、いつも、色んな事で、いい報告があれば、一緒に喜んでくださるスフレ様のコメントに、
      励まされています。

      >「なんにもできていないわたしにはなんにもいえないのです。」

      何もできないなんて、そんな事はございません。いつも覚えて、頂いて、コメントを頂いていることは、多くの方も
      被災地の方々も、スフレ様のコメントを、喜んでいらっしゃいます。

      でも、被災地の報告へのコメントが重荷?になるのなら、どうぞ、記事だけのコメントにしてくださいね。
      ご負担のないように、おねがいします。
      スフレ様の笑顔が、いつも輝くように。

      スフレ様の、純粋で正直な気持ち、それが、私は大好きです!

      いつもありがとうございます。

      今日も暑いです。
      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  2. スフレ より:

    happyさん。
    追記です。

    被災地の報告をよませてもらっての
    コメントはつつしみたいのです(#^.^#)。
    happyさんの日記の記事は
    これからもコメントさせてくださいね。
    いつも拙いコメントをよんでくださって
    かんしゃをしています(#^.^#)。
    ほんとうにありがとうございます。

    1. happy-ok3 より:

      スフレ様、お気を使わずに。

      スフレ様の、被災地へのコメントは、とてもありがたいです。

      でも、スフレ様の重荷にならないようになさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  3. リボン より:

    あのヴォーリズさんの作曲なのですね、ご紹介ありがとうございます、近江八幡の彼の家にオルガンありました。
    「面白いからいじめに自分も加わった」「努力していたりする、その人が困ると気持ちよかった」どうしてこうなるのか、他にもっと楽しいことがあるのに、なんという事でしょうか。
    永井博士は映画にもなった方ですね。本も読みました。
    昭和天皇は原爆も仕方なかった、責任も認めないから今も日本はトップは無責任。将来が危ういと思います。http://riboni5235.hatenablog.com/

    1. happy-ok3 より:

      リボン様、こんにちは。いつも感謝します。

      >「あのヴォーリズさんの作曲なのですね」
      そうなのです。それを、公立の高校の方が、合唱されています。
      (讃美歌になっているのに)
      どれほど、ヴォーリズさんの影響が大きかったか?
      わかります。

      永井医師も、同じように、市の公葬を聖堂でするとは、すごくいい影響を及ぼされたのでしょうね。

      >「努力していたりする、その人が困ると気持ちよかった」

      人が困る事をして、喜ぶのは、哀しいですね。
      妬み?からこうなるのでしょうか?
      でも、本当の喜びはないでしょうね。

      本当の喜びは、動物たちも、お互いに優しくしているお写真からもうかがえますね。

      いつも本当にありがとうございます。

  4. よんばば より:

    「努力していたりする、その人が困ると気持ちよかった」
    なんという悲しい心理でしょう。
    無垢の天使の赤ちゃんが、ほんの十数年(時には数年で)生きるとこのような心を持つ人間になってしまう・・・。
    高度な能力を持つゆえに、周囲に簡単に同化・同調してしまうんですね。
    大人の責任を感じます。

    1. happy-ok3 より:

      よんばば様、こんにちは。いつも感謝します。

      「努力していたりする、その人が困ると気持ちよかった」
      妬み、そねみからきているのではないかと、思いました。

      でも、努力している人は、自分の時間もやりたい事も、ささげて、その事を頑張っているのですから、
      その努力さえ、潰して嗤うということを、喜ぶのは、かなしいです。

      人の成功を喜んであげられる人は、それだけで、幸せをうちに持っているのだと思います。

      また、大人達が、陰でしていること、スマホを使ってやってることは、
      子ども達に、伝染していると思います。

      表で、いくら「~しなさい」と、言っても。

      大人の責任、重大ですね。

      いつも本当にありがとうございます。

  5. MT6538 より:

    happy-ok3様、こんにちは!

    永井医師のような素晴らしい方が、原爆投下直後に自分を顧みず活動されていたのですね。
    命を捧げて他の方のために生きた姿、ずっと語り継がれていくと思います。
    私も少しでも見習って日々を過ごしたいです。

    今日もありがとうございましたすみません短くなりました、明日もよろしくおねがいします^^

    1. happy-ok3 より:

      MT6538 さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「命を捧げて他の方のために生きた姿、ずっと語り継がれていくと思います。」

      語り継がれてほしいですね!
      被爆体験を、長崎でも、語れる人が少なくなっています。

      心意気、気概、その尊いものを、
      はっきり知って、倣っていきたいです。

      今日も暑い日でした。
      お身体、大事になさってくださいね。
      いつも本当にありがとうございます。

  6. byronko より:

    「隣人を愛しなさい」は、十戒の中でも重要な戒めだと思います。聖書では、さらに「敵を愛しなさい」という戒めも出てきます。引用されていらっしゃる、渡辺和子氏の「ひどい事をした人の不幸を願わないことです」と同様の内容ですね。

    この世の道理や人の性向に反するような戒めが、聖書にはよく出てきます。本来、人は弱く、汚れているから、神様の力があってこそ、救われるのだと感じます。

    今日も、思慮深いエントリ、ありがとうございます。どうぞ、素敵な週末をお過ごしください!

    1. happy-ok3 より:

      byronko さま、こんにちは!いつも感謝します。

      「隣人を愛しなさい」は、十戒の最後に出てきます。
      この言葉で締めくくっているので、大事ですね。

      渡辺和子氏は、お父様の事や、院長になってからも、辛い事が沢山あったようです。
      その事を、聞かれたときに、「ひどい事をした人の不幸を願わないことです」と仰っていました。
      その相手の幸いを祈るまでには、至らずとも、仕返しや、悪意を持って誹謗中傷や、周囲を巻き込んだイジメは、してはいけないです。
      具体的には、悪意や憎しみをもった、行動は慎むように・・・それが大事なのだと思いましたし、
      そこには、忍耐が必要ですね。

      忍耐も、仰るように、神の力を頂いてこそ、出来るモノだと。

      いつも、本当にありがとうございます。

  7. PSP-PAGF より:

    >永井医師が素晴らしいというのは、 ・・ 真髄に誠実に行動をし、ご自分を捧げて生きた、人としての姿が、素晴らしいのである。

    ホントですねっ!!! なぜ、医師にはその様な素晴らしい人が多いのでしょう?

    職業倫理? 教育の成果?(例:「ヒポクラテスの誓い」や「ジュネーブ宣言」) 自律性? 他には?

    1. happy-ok3 より:

      PSP-PAGF さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「なぜ、医師にはその様な素晴らしい人が多いのでしょう?」
      なぜでしょうね。(#^.^#)

      色んなお医者様もいらっしゃいますが、人を治療するために、医者になる!という目的がブレない方は、そうなって行かれるのでしょうか?

      お医者様になる、目的、大事ですよね。

      いつも本当にありがとうございます。

      暑いです。お身体、大事になさってくださいね。

  8. ちろ より:

    永井医師のことははじめて知りました。
    教えてくださってありがとうございます。
    最近は他人の不幸を喜ぶ人が多いのでしょうかね?
    小さい子供がそうだと萎えますよね。
    教育する人の責任は重いと思います。
    今日も鳥さん達の可愛い姿をありがとうございます。
    こういうのを見ると全て許せる気になります(^^)

    1. happy-ok3 より:

      ちろ さま、こんにちは。いつも感謝します。

      >「小さい子供がそうだと萎えますよね。」
      大阪の吹田市で、少女が、1年生の時からいじめられ、骨折したり、ストレスから視力障碍になりました。

      子どもの中にも、あるのですよね。かなしいです。

      教育もですが、家庭内での、親御さんの姿も、大事なのでしょうね。
      親御さんが、スマホでしている事や、歩きスマホ、電車スマホ、悪口をそこで鬱憤晴らしに
      書き込んだりしていくと、見えない所で、大きな影響を与えていると、思います。

      鳥たちの笑顔に、私も、毎日ほっこりします。

      いつも本当にありがとうございます。

  9. miyotya より:

    こんばんは。
    8月9日の「長崎平和記念式典」で、長崎市長さんの「平和宣言」も
    心を打たれました。そして涙腺が緩みました。
    広島・長崎の各市長さんの平和宣言の中で、日本政府に核兵器廃絶の
    先頭に立ち、世界に橋渡しをしてほしいと訴えておられましたね。
    唯一の被爆国が当然の責務だと思うのですが、
    日本政府は今一つ歯切れが悪いですね。

    1. happy-ok3 より:

      miyotya さま、こんにちは!いつも感謝します。

      >「8月9日の「長崎平和記念式典」で、長崎市長さんの「平和宣言」
      私も、ジーンと来ました。
      単に、言葉を並べているのではなく、心底、そう訴えておられるからでしょうね。

      >「唯一の被爆国が当然の責務だと思うのですが」
      仰る通りですね。

      広島、長崎の原爆の惨状から、再度、考えて頂けたらと思います・・・。

      いつも本当にありがとうございます。

  10. 夕菅 より:

    happy-ok3様
    毎日ありがとうございます。
    永井医師の記事も深い思いで拝読しました。
    あの悲劇の現場にあっても最後まで人のために尽くされた医師。
    本当に頭が下がります。
    多くの立派な方の命を奪った戦争を憎み、平和な日本に生きている幸せに感謝する日々です。

    1. happy-ok3 より:

      夕菅 さま、こんばんは。いつも感謝します。

      >「あの悲劇の現場にあっても最後まで人のために尽くされた医師。
      本当に頭が下がります。」

      医師としての目的、使命を最期まで貫いた方ですね。

      >「多くの立派な方の命を奪った戦争を憎み、平和な日本に生きている幸せに感謝する日々です。」

      仰る通りです。
      戦争から、いいことは、生まれないですね。
      平和を作る者でいたいと思います。

      暑い日が続きます。
      お身体、大事になさってくださいね。

      いつも本当にありがとうございます。

  11. 居候の光 より:

    永井医師の活動は素晴らしいの一言です。

    被爆地でも自然災害地でも、内外から被災地支援をする力は素晴らしいですね。

    日本政府が核兵器廃絶の先頭に立ち、世界に橋渡しをしてほしいと訴え続けている広島・長崎市長と多くの国民。

    政治家にとっては邪魔な想いなのでしょうか。

    1. happy-ok3 より:

      居候の光さま、こんにちは!いつも感謝します。

      >「被爆地でも自然災害地でも、内外から被災地支援をする力は素晴らしいですね。」
      行動の根底にある、心が純粋だからだと思います。

      >「日本政府が核兵器廃絶の先頭に立ち、世界に橋渡しをしてほしいと訴え続けている広島・長崎市長と多くの国民。」
      痛みを分かち合う事が、難しいのでしょうか?

      様々な事が絡み合っている政治・・・。
      良い方向にと願います。
      いつも本当にありがとうございます。

  12. ururundo より:

    rurundoです。

    今日は長崎の報告が特に心に残りました。

    長崎原爆投下の原爆被爆者の執筆補助。
    これはとても有意義なボランティアだと思います。原爆がいかに残酷な兵器であるかを語れるのは経験者です。
    アメリカに対する憎しみを語るのではなく、原爆の怖さを語るという意味で意義のある仕事だと思います。

    永井隆医師。
    重傷を負いながら治療にあたり、白血病を発症後も自分の病気最終段階を学生に提供。死亡後は自分の体を遺体解剖で医学生の役に立てた。
    口で言う事は簡単だが、実践は難しい。それを当たり前の様に実践した永井医師。

    久しぶりのコメントですが、晴ちゃんはじめ小鳥ちゃん達の元気だな姿を見て安心しました。
    今日も元気でね。

    1. happy-ok3 より:

      rurundoさま、こんにちは。いつも感謝します。

      長崎原爆投下の原爆被爆者の執筆補助。これは、後々まで残す必要がありますから、
      大変な事でしょうが、頑張って頂きたいです。

      原爆の被災は、もう2度と繰り返しては、いけないですね。

      >「口で言う事は簡単だが、実践は難しい。それを当たり前の様に実践した永井医師。」
      嘘や虚偽に生きたのではなく、正義と平和に生きた方ですね。

      中々出来ることではないですね・・・。

      いつも本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。