許す勇気が未来を拓く

2月27日(土)

『許す勇気が未来を拓く。』 実祝プランニング語録

ゆるすという内容は大きく分けて2つある。

「許す」と「赦す」

前者は起きた良くないことを認めて「許容」する場合に使われ、

後者は王や宗教的には神や天が罪を「赦免」する場合に使われる。

私たちは、あまりに理不尽なことをされたり、

卑怯極まりないことをされたり、

欺かれたり、陥れられたりすると、誰しも腹が立つ。

さて、問題はそこからだ。

腹を立てたからといって、相手を恨み続けたり

憎み続けることは、自分をその嫌な出来事に

いつまでも自分で自分を縛り続けてしまう。

起きた事はもう、戻らない。

許すとは、その相手と仲良く歩くことではない。

なぜなら、こちらが許しても、相手は改めるどころか

全く変わらない事も多いから、同じ事の繰り返しになる。


であれば、起きたことを事実として見て認めて、

相手はこういう人だったのだと認識する。

また、相手が陥れた「ヘドロのような池」から

脱出し、自分は「澄んだ泉」に身を置くこと。


そしてなお、一歩進めるなら、相手の幸いを祈ってあげる事。

1)怒り~恨み~憎しみ~仕返し~自分を貶めていく道か。

2)怒り~認識~許容~新たな出発~自分を磨いていく道か。

勿論、2)が許していく道であり、光がさす希望の道である。

2)に進むためには、自分の意識を高く持ち、強い意志が必要。

どちらを選んでも、私やあなたの自由である。

私は許す道を選ぶ。

「弱い者ほど相手を許すことができない

 許すということは強さの証だ

 (マハトマ・ガンジー)」

f:id:happy-ok3:20160226210011j:image:w360

自分が善い、良いことにつながり続けていたいのなら、

憎しみから解放され、許す道が最善の道である。

心配しなくても、天は見ている。

続きは次回!

今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!

Copyright2016実祝プランニング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

鳥たちは愛する家族=http://siawasetori.hatenablog.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

幸せは今ここ!に

次の記事

偉大さの物差し